無料ブログとの違い

ブログシステムで思い浮かべるのはAmebaBlog(アメーバブログ)や、Hatena(はてなブログ)、SeeSaa(シーサーブログ)などの無料ブログあたりでしょうか。

無料ブログシステムを利用したショップブログや社長ブログなどは多く存在しています。

  • コストが掛からない
  • ホームページの知識を必要としない
  • カンタンに作れるため気軽
  • キレイなデザインテンプレートがある

誰でもカンタンにスタートできることで、参入障壁が低いところが利用者を増やす理由なのでしょう。

作成した無料ブログに自社サイトからリンクを張れば、オリジナルホームページとの連携も取れているかのように思えます。しかし…。

無料ブログをおススメしない理由

無料ブログでは記事の所有がブログ会社になっている

ブログ会社も商売なので、単に無料でブログシステムを提供してくれる訳ではありません。投稿された記事でサーバーのボリュームを高め、アクセスを集めています。

書いた記事を削除される危険性がある

ブログ会社の持つルールを違反した記事或いはブログ全体をいつ削除されるかはわかりません。こちらでのコントロールは出来ません。

ブログ会社の規約に沿って記事を書く必要がある

ブログ会社の収益を阻害しないためのルールに反することが無いように記事を書かなくてはなりません。

「コンテンツ=資産」です

本来資産になるはずの記事がブログ会社のサーバーに存在する

ご自身の経験や知識と時間を使い書きあげた記事は、何にも代えがたい資産になる可能性を多く秘めています。その資産は本来ご自身のサーバーに置くべきものですが、無料ブログに投稿を続ける限り、他人のサーバーのボリュームは増えても、自分のサーバーボリュームは増えない、更新回数も増えない…という結果になります。

これがどれほど大きな損失であるかはご理解いただけると思います。(無料ブログをお持ちの方は、ドメイン(ホームページのアドレス)がブログ会社のものだとご確認いただけると思います。これは、自分の持ち物ではない証拠なのです…。)

こういった理由からミドリデザインワークスでは「ご自身が管理されているオリジナルオームページにブログシステムを導入する」ことを提案しています。

ご自身で書いた記事は日ごとに自分のサーバーに溜まり、資産価値が増えていきます。関連した記事を書き続けることでSEO効果も高まり、アクセス数・成果・コンテンツボリュームともにパワーアップ。骨太なホームページに成長していきます。

自分で更新できるホームページが魅力

ご自身のホームページにブログを導入することの魅力のもうひとつに、「記事の更新は自分で出来る」という点があります。

ホームページの内容の更新・修正は制作会社に依頼するのが一般的ですが、ブログシステムを入れた場合はご自信で記事をUPしていけるようになります。

無料ブログと同じように、「自分のタイミングで、アクセス出来る環境ならならどこからでも、記事投稿が可能」です。もちろんスマホから投稿することも出来ます。

違う点は「無料」では無いところ。導入時には費用がかかります。しかしその後の恩恵を考えてみてください。いつ削除されるかわからない不安定な場所にご自身の記事を置き貯めていく…、こんなにもったいないことはありません。

ブログシステムを利用したオウンドメディアとは

「オウンドメディアで差別化する」こんな言葉を耳にしたことはありませんか。オウンドメディアとは、要約すると「自社所有の独自メディア」となります。ブログもこれにあたります。

情報過多の時代の中、どのようにして自社の存在価値を高めていくかという点に対して力を発揮します。例えば、自社製品があります。通常であればホームページでその製品の効能・感想・価格などを紹介しまが、これだけではアピールする力がまだまだ不足しているように思えませんか?

売り手側だけの目線で商品を紹介していくのではなく、まったく違った目線から切り口を作り、そこから商品に結び付けていくことも出来るはず。水着を販売したい場合はいきなり水着の話をするのではなく、例えば「お散歩めぐり」などのコーナーを作り、閲覧者に有益な情報を提供しつつ、そこから発展させて水着に結びつけていくことも出来ます。このような手法であれば水着だけではなく、広い範囲のアクセス数も稼ぐことが出来るわけです。

どのような手法でオウンドメディアを確立していくかはアイデア次第となります。このアイデアをブログにして発信することで、単に記事を書くだけでなく、使い方によってホームページのコンテンツボリュームが充実していくという点も大きなメリットではないでしょうか。

Midori Design Works © 2016 All Rights Reserved.

Midori Design Works ミドリデザインワークス